HOME > Deen's Room > Dbo's Room

123456789101112131415161718192021 │ Page22 │ 2324252627

アニメ甲子園2009-2010授賞式へ行ってきた!

>>April 8, 2010

大盛況の内に幕を閉じた東京国際アニメフェア2010。
最終日の3月28日にアニメ甲子園2009-2010の授賞式が行われた。
初めて聞く人も多いだろう。
簡単にいうと――
オリジナルのアニメ制作に取り組む高校生の作品を第一線の監督や脚本家らが審査するというもの。
  詳しいことは公式サイトを参照ください(すみません、逃げましたぁ)
   アニメ甲子園公式サイト
    http://www.smn.or.jp/animekoushien/index.html

で、 なんでディーンがと思うでしょう、
このアニメ甲子園のシナリオ・ストーリー部門審査員に「地獄少女」や「クッキンアイドル アイ!マイ!まいん」 でおなじみのわたなべひろし監督が参加しているんです。
入選作品はどれも高校生とは思えぬ力作揃い。
既成概念にとらわれないユニークな発想で作られたものや王道的なしっかりとした作りのオーソドックスな作品までさまざま。

制服姿の高校生や先生、関係者が見守る中、各賞の発表が行なわれた。
いよいよ、シナリオ・ストーリー部門の発 表、審査員特別賞のプレゼンターとしてわたなべ監督の登場。

TAF2010  アニメ甲子園の模様


賞の説明や作品総評があり、受賞者の名前が読み上げられる!
受賞者が壇上に上がり、監督からミニトロフィーが渡される。
おめでとうございます!!
さらに各賞の発表が続き、アニメ業界の将来を背負うかもしれない才能溢れる受賞者たちが壇上へ。


授賞式の取材後、東京国際アニメフェアの会場に設けられているブースへ足を伸ばした。
受賞作品の映像やシナリオ、キャラクターデザインなどが展示さ れていた。
実際に見ると、彼ら彼女らの実力の高さに脱帽。
『若いって、いいなぁ・・・』と心の中でつぶやきながら、会場を後に・・・。

受賞者の皆様、おめでとうございます。わたなべ監督お疲れ様でした。
そして、この記事を読んだ高校生のみなさん、ぜひ来年は応募してみて。
あなたもこのステージを目指してみよう!

 

 

肥薩おれんじ鉄道沿線応援ソングPV DVD、わたなべひろし監督がデレクション

>>March 13, 2010

わたなべひろし監督がディレクターとして参加した
肥薩おれんじ鉄道沿線応援ソング
「おれんじ色の風」PV DVDが3月13日発売になります。

orange.jpg


 
高校卒業後、故 郷を離れていた青年が帰郷し、
そこで昔の同級生(女性)に数年ぶりに再会し、
そこから新しいロマンスが生まれることを予感させる・・・

今回のDVDは、原曲の歌詞の世界観をさらに膨らまし、視点を相手の女性側に置き、
実は彼女も数年ぶりに帰郷し、ふるさとを見つめ直してま た新しい道へ進み始めようとしている
という対の設定にした。

夕暮れの海岸を走る列車や沿線風景・名所などと絡めて二人の若者とともに、 肥薩おれんじ鉄道とその沿線も新しい未来に向かって走り出す
そんなイメージのPVに仕上がっています。


女性と鉄道の組み 合わせ・・・
その絶妙さは、わたなべひろし監督ならではのセンスが光ります。

詳しくは下のチラシをどうぞ

 orange_chirashi.jpg

 

 

 

去年のネタでごめんなさい、2009忘年会

>>January 12, 2010

2010年もスタート!
今年もよろしくお願い申し上げます。
2010年の最初の記事が2009年のネタというのもどうかと思いますが・・・
2009年を締めくくる忘年会の様子をちょっとだけ。
今回も多くの人で盛り上がりました。
感謝です。
弊社社長の挨拶、そして今監督の乾杯で忘年会スタート。
 ――監督!それにしても、その御姿は・・・、アレですねアレ!

料理や飲み物を片手に和やかに談笑している中、
少々雰囲気の違う人たちが・・・、和やかな談笑をしている風には全く見えない男子たちが!
必死に料理をガッツク輩が数名。
チャーハンに焼きそば!バクバクと。炭水化物×炭水化物。魅惑的だが、禁断の組み合わせ!
さらにお刺身にいたっては、お刺身に醤油をつけて食べるという本来の食べ方から大きく逸脱。
お刺身に醤油をぶっかけ。一気食い。
とにかく、「食べます」状態。
でも、ちゃんとワケがあるんです。
このあと行なわれるくじ引き大会のスタッフのため、この時しか食べる時間がない。
そんな彼らが活躍する時間がやってきました。
景品コーナーには、弊社制作作品にちなんだグッズや各種ゲーム機など豪華景品ずらりと並ぶ。
中でも目を引いたのは、大型液晶テレビ。

2009忘年会景品の数々

担当スタッフがくじ引き大会スタートを告げる!
参加者の手に握られたくじの番号が運命の分かれ道。

2009忘年くじ引き大会開始

 

2009忘年会の目玉景品

担当スタッフが箱からくじを引き、番号を読み上げていきます。
その番号に一喜一憂。
くじ引き大会ラストの景品は、AQU◎S!が登場。
会場に緊張が走る。
当選番号が読み上げられると会場は、落胆に包まれた。
そんな中、たった一人の当選者が!(当然、一人しか当たりません)
おめでとうございます。
当たった人も当たらなかった人も、大いに盛り上がりました。ということでもうそろそろお開き。
2009年の忘年会も無事終了。
今年、2010年もまた、大いに盛り上がる忘年会にしたいと思います。

また、今回も何も当たらなかった・・・。今年こそ、何でもいいから当たりたい!

 
 
 

 

 

▲このページの上へ