HOME > Deen's Room > Dbo's Room > 第14回  アニメはこんな風に作られる!~俺の嫁がアニメになるまで~仕上げ編

第14回  アニメはこんな風に作られる!~俺の嫁がアニメになるまで~仕上げ編

>>May 15, 2015

仕上げ編

 

 

  

このコーナーは以前ご紹介したアニメ制作工程のワークフローに沿って、
各工程の内容を詳しく解説したり、隊員Gが普段疑問に感じていることを解決していくコーナーです。

ここではワークフローの「仕上げ」の調査結果を紹介しているよ。


 「動画」をまだみてないという方はこちらから!

 

 

仕上げって?

 

ここでは出来上がった動画に色を塗っていく工程です。
動画はほぼ紙で描かれているので、それをスキャンしパソコンに取り込んで専用のソフトウェアで指定された色に塗っていきます。そのほかにスキャン時に写ってしまったゴミを取ったり、スキャン時に歪んでしまった線を修復していくのも仕上げのお仕事です。
因みに、パソコンで作業する前はセルという透明なシートに手作業で色を塗っていたんだ。


この後のコーナーでは「仕上げ」
についてもう少し掘り下げ行きますよ!

 

 

 

疑問質問

 

 

Q. どんなソフトウェアを使って作業するの?

 

一般的には “RETAS STUDIO(通称レタス)”と呼ばれるソフトを使用して仕上げの作業が行われているみたいだよ! 

 

Q. 写りこんでしまったゴミはどうやって消しているの?

 

RETAS STUDIOで消しゴムやブラシを使って消しているみたいだよ!

 

Q. いつごろからPCで仕上げ作業ができるようになったの?

 

PCで作業するようになったのは約14~15年前くらいみたいなんだって。
導入したての頃はPCでの作業とセル画作業どっちも併用されてたみたいだよ。
例えば1話目がセル作業で2話目がPC作業…。みたいな感じで行われてたみたいだよ!

 

Q. 仕上げが終わったら誰がチェックしていくの?

 

まず動画検査さんが社内分の動画と社外用の動画を分けます。
そして社内分の動画は動画チーフさんによって担当を振り分けられます。

 

 

 

 

まとめという名の感想

 
 

ちょっとした謎だった“レタス“の正体、やっと掴むことができました。
もちろんハナから食べ物じゃないことはわかっていましたけどね!

さてはて、今回の調査でDEENのちょっとした小ネタも知ってしまった隊員G。
これを読んだあなたもちょっとしたDEEN通になれちゃうかも?!
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・かも?

 

 

 

 

※この調査結果はあくまで隊員Gが調査した結果です。
実際とはことなる場合もありますので、もし間違っていても勘弁してね!

 

 

 

次は「特殊効果」へGO 

 

 

 

▲このページの上へ