THE REFLECTION SP企画:物語の舞台を巡る旅(第2回)

ロケハン同行者が語る『THE REFLECTIONの舞台を巡る旅』

THE REFLECTION 舞台を巡る旅

遂に「THE REFLECTION」完結しました。しかし、この企画はまだまだ続きます。
これで心おきなくネタばれ的なこともお伝えできます!

独特なアートスタイルを生み出すために、各話で登場した街などへ実際にロケハンを行い、舞台となる場所のリアルやディテールを見て感じ、プランを練り上げた。
このプロジェクトに当初から参加し、このロケハンに同行したスタジオディーン制作部設定制作を担当する許瑠伊が語る「THE REFLECTIONを舞台をめぐる旅」第2回をお届け!

満面のスマイルのアヤシイセースルマンのようにネタばれ話をはじめた……。

THE REFLECTION 舞台を巡る旅

第2回 結果オーライ!

実は、舞台となる場所や街が当初予定していた箇所と変更になってるものがいくつかあります。
変更先の候補地探すのにもう検索しまくりでした。閲覧履歴が全部アメリカの街や場所になってしまったほど。

★第3話の舞台はインディアナポリスだった
リサが登場する第3話の舞台はデイトンという街ですが、最初はインディアナポリスの予定だったんです。
長濵監督からロケハン候補地を探すに当たっていくつかの条件を出されていまして、その中の一つに警察官のユニフォームの感じは街々で違うようにしたいと要望がありました。(※このあたりのお話は次回以降にてぐっと迫りたいと思います、お楽しみに!)
調べるとインディアナポリスの警官の制服はNYと近い雰囲気だったので違う感じのものを探すことなったんです。
そこでNYやインディアナポリスのような大都会はではなく、小さめの街やちょっと田舎の町だと違う感じのものが見つかるのではと思いターゲットを絞りました。
ルートを考慮しなくてはならなかったので周辺の街でどこかないかと探し始め、それで見つけたのがインディアナポリスの手前にあるデイトンでした。
決してデイトンが田舎という意味ではないですよ、日本の規模からすると大きな都市です。
警官の制服や街の風景など、監督からの条件に合っていましたから。

THE REFLECTION 舞台を巡る旅(第2回)第3話よりTHE REFLECTION 舞台を巡る旅(第2回)第3話よりTHE REFLECTION 舞台を巡る旅(第2回)第3話よりTHE REFLECTION 舞台を巡る旅(第2回)第3話より


ラッキーなことに歴代の戦闘機が展示されている国立アメリカ空軍博物館(NATIONAL MUSEUM OF THE UNITED STATES AIR FORCE)がこの街にはあったんです。
普通は国立アメリカ空軍博物館があったからデイトンを選ぶでしょうが、僕たちの場合はデイトンを選び、偶然そこに国立アメリカ空軍博物館があったというのが正しいでしょうね。引き運があるというか、まさに結果オーライ!
3話の中で、捕えられたリサ親子を助けに行ったエクスオンたちとスチール・ルーラーやピュートリッドとが戦うシーンがありますが、その舞台は国立アメリカ空軍博物館です。
戦闘機は金属ですからスチールルーラーの戦いにぴったり、画的も展示物である戦闘機が襲ってくるというユニークなシーンになっていると思います。デイトンにしたことからこそできたシーンですね。
個人的に、また国立アメリカ空軍博物館へ行きたいな!すごく広いのでたっぷり時間を取って見学したいですね。大統領専用機エアフォースワンもありましたよ。

THE REFLECTION 舞台を巡る旅(第2回)第3話よりTHE REFLECTION 舞台を巡る旅(第2回)第3話よりTHE REFLECTION 舞台を巡る旅(第2回)第3話よりTHE REFLECTION 舞台を巡る旅(第2回)第3話よりTHE REFLECTION 舞台を巡る旅(第2回)第3話よりTHE REFLECTION 舞台を巡る旅(第2回)第3話より

★決戦地はグランド・キャニオンだった!
リフレクティッドたちの決戦地は当初はグランド・キャニオンを想定していました。
確かシナリオ打ちのときに砂漠の話になり、ちょっと変わった広い場所でわーっと戦えるといいよね的なお話が出たんです。
グランド・キャニオンだと有名過ぎていろいろな作品に登場している場所だし、広い場所というより渓谷のイメージが強いということで、候補地を再度探すことになりました。
で、見つけたのがニューメキシコ州にあるホワイトサンズ国立モニュメント(White Sands National Monument)でした。
正直、ここを見つけるまではネットしまくりましたね。あまり日本では馴染のないエリアだと思います。アメリカにいた僕も知らなかったですから。
その名のとおり真っ白な砂漠なんです、砂漠というより真っ白な砂丘かな。実際は砂ではなく石膏の結晶で出来ているらしいですが……。
画像検索したら、真っ青な空の下、白銀の世界が広がるSFな画像がたくさん出てきて、ここを舞台にしたら絶対にイケル、最終話では黒い塊(ピラミッドのようなもの)がドーンとそびえるシーンがあるので真っ白な砂漠を舞台にしたら絶対にかっこいいと思いましたね。
アーティスティックということで監督がここに決定しました。
結果的にすごくいいシーンができたと思います。

THE REFLECTION 舞台を巡る旅(第2回)第11話よりTHE REFLECTION 舞台を巡る旅(第2回)第11話よりTHE REFLECTION 舞台を巡る旅(第2回)第11話よりTHE REFLECTION 舞台を巡る旅(第2回)第11話よりTHE REFLECTION 舞台を巡る旅(第2回)第11話よりTHE REFLECTION 舞台を巡る旅(第2回)第12話より

「物語の舞台が制作過程で変更され、僕的には結構大変でしたが結果的にとてもプラスに働いたと思います」と締めの言葉を言った後、許が徐にいいものをお見せしましょうと持ってきた資料を広げた。
真顔で「「これがこの作品の骨となるものです」と謎のMAPを見せてくれた……。

THE REFLECTION 舞台を巡る旅(第2回)


今回は結果オーライ!的なエピソードを聞きました。次回はこの謎のMAPの秘密に迫ります!
更新予定は11/16(木)


THE REFLECTION公式サイト  http://thereflection-anime.net
THE REFLECTION公式twitter @RFLC_anime
©スタン・リー, 長濱博史/THE REFLECTION製作委員会 作品紹介へ

2017-10-12