昭和元禄落語心中 キャラクター紹介

「昭和元禄落語心中」 に登場するキャラクターたちをご紹介します!

昭和元禄 落語心中 与太郎


与太郎

CV:関 智一

元チンピラ。刑務所服役中に聴いた八代目八雲の落語に感動し、出所直後にその足で八雲の元へ向かい、
弟子入りを志願する。
天真爛漫な性格だが、世間知らずで間抜けな面があるため、八雲に「与太郎」と名付けられる。

昭和元禄 落語心中 有楽亭 八雲  (菊比古)


有楽亭 八雲  (菊比古)

CV:石田 彰

「昭和最後の名人」と称されるが、苦悩に満ちた半生を送る孤高の落語家。八代目として有楽亭 八雲 の名を継ぐ。
今まで弟子は一切取らなかったが、突如目の前に現れた与太郎を迎え入れる。前座、二つ目時代の名は菊比古。

昭和元禄 落語心中 小夏


小夏

CV:小林ゆう

とある事情から八雲の元に身を寄せる女性で、助六の娘。

気が強く癇癪持ちだが、実は素直で真っ直ぐな性格で、亡き父・助六と彼の落語を心から愛している。 八雲とは因縁関係にあるようで…?

昭和元禄 落語心中  助六


助六

CV:山寺宏一

小夏の父。八雲と共に戦後の江戸落語界を牽引し、「稀代の天才」と称された落語家。

落語に対する情熱は誰よりも強く、八雲とは対照的に豪快な性格だが、ある出来事をきっかけに早逝してしまう

有楽亭 八雲  (菊比古) 松田


松田

CV:牛山 茂

七代目の頃から八雲に仕える付き人。
穏やかで物腰柔らかい性格で、何の知識や経験もないまま落語界に飛び込んできた与太郎にも優しく接する。

rakugo_miyokiti01


みよ吉

CV:林原めぐみ

若かりし頃の八雲と助六の前に突如現れた謎の女性。 元芸者。

アニメ「昭和元禄落語心中」公式サイト http://rakugo-shinju-anime.jp/ アニメ「昭和元禄落語心中」公式twitter @rakugoshinju

作品紹介へ

2015-11-30